読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

回避性パーソナリティ障害を治すために

前の記事でも書いた通り、自分は軽度の回避性パーソナリティ障害だと思う。で、それを治せば、色んな問題が解決しそうな気がしている。

 

では、どうやったら回避性パーソナリティ障害を治せるのか?

医療法人社団ハートクリニックのページによると、治療方法は下のとおり。

精神療法
精神療法は患者との治療同盟を結べるかどうかによって決まります。信頼感が醸成されるにつれて,医師が患者の恐怖,特に拒絶への恐怖に対してこころを開いた態度を伝えることが重要となります。治療場面外で新しい社会技能の実践練習を宿題に課すことには注意深くあるべきです。失敗すると患者の低い自尊心がさらに低くなることがあるからです。集団療法は,拒絶に対する感受性が自分自身と他者に及ぼす効果を理解するのを助けます。行動療法における自己主張トレーニングは,自分の要求を公言し自己の自尊心を高めることを教えるのに役立つことがあります。


薬物療法
薬物療法は不安と抑うつの対処に有効です。βアドレナリン受容体拮抗薬,例えば,アテノロールは,恐怖を生ずる状況に近づくときに特に強まる自律神経系の過活動をコントロールするのに役に立つことがあります。セロトニン作動薬も拒絶への感受性コントロールに役に立ちます。ドパミン作動薬はこれらの患者の新奇探索行動を増加させることがありますが,その後生ずるであろう新しい体験に対して心理学的に準備する必要があります。

 薬物は嫌だなぁ。副作用もありそうだし。

病院に行くほど重度でもないし、日々のトレーニングで克服できると最高なのだが。

そう思って何かできそうな訓練を探していたら、

xn--nbkt22ghiazit9q6l5ait2a7u2b.com

に以下が書かれていた。

①友達作りや人間関係に関する悩みや心配などを紙に書き出す
②最低最悪の状況を想像して書き出し、受け入れる
③最低最悪の状況を直視して気づいたことを書く

パソコンで書くよりも、できれば紙に書くほうが良いらしいので、やってみることにする。

 

回避性パーソナリティ障害

自分の性格を表すとしたら、「内気」「照れ屋」「はにかみ屋」「 恥ずかしがり屋」などが当てはまる。これまで特に悩んでもいなかったが、今の会社に勤めだしてから、自分の性格が問題と感じることが多くなった。

例えば、今の職場では毎日朝礼・終礼で皆の前で連絡事項をいわなければならないのだが、皆の視線が自分に集まるのが嫌である。

人前で何か説明しなければならないのも非常に苦痛である。台本を用意しておけばこなせるが、台本無しでの説明となった場合は、脳みそのメモリが一杯になって、話すべきポイントが分からなくなり、顔が真っ赤になって、フリーズしてしまう。

人前で自然体で上手に話ができる人をみると、尊敬するし、とても羨ましく思う。

前の職場では、上記のようなシチュエーションが多くなかったため、事前準備や気合でどうにかこなしていたが、今の職場はコンサルティング・営業要素が非常に強い業務内容であるため、消耗度合いが半端なくなってきた。

で、そんな性格を直そうと色々調べていたところ、「回避性パーソナリティ障害」という言葉を見つけた。

患者のパーソナリティは引っ込み思案で臆病であり,拒絶に対する感受性が高いです。非社交的ではなく,交際に対する強い欲求があります。

まさに、これだわ、と思った。

対人関係においても不安感や緊張が強く,いかにも自信がないというオドオドした人が多く,本来の魅力が生彩を欠いて見えてしまいます。運動したり,体を人前にさらしたりするのも苦手で,肉体関係を持つことにも自信がなく消極的です。相手が好意を抱いてくれていても,自分はどうせ退屈で魅力のない人間なので,嫌われてしまうからと思い込み,身を引いてしまうこともあります。

好かれたいという欲求は強いが、まさにこれ。↓

好かれていると確信できなければ,人と関係をもちたいと思わない 。

で、今自分にとって問題と感じている諸々のことは、この障害を克服できれば良くなりそうな気がしまくっている。